1970年代生まれのお母さんへ

お母さんに「お生年月日おめでとう」の気持ちを伝えたい。
誰しもが年に一度、そういう思いを抱きます。
プレゼントは何に決める、どっかへ立ち寄るのもいいな。
プレゼント選びに悩んだとき、知っておきたいのが「お母さんの過ごした時代」だ。
その中に贈り物のヒントが隠されているかもしれません。
今回は1970年代生まれのお母さんについて調べてみましょう。

1970年代の大きな発展は、「外食チェーン」の普及だ。
今となっては当たり前のファミレスやファストフードが誕生したのはこの頃。
ファストフードやファミリーレストランが上陸し、日本人の食習慣を大きく変えたことは間違いありません。
それまでは食事は家で取るのが当たり前で、学校の登下校のときも買い食いは禁じられていたそう。
買い食いをするといっても、ベーカリーさんのパンや駄菓子しかなかったのですね。
出かけたときも摂るのは作っておいたお弁当でした。
また、生活に欠かせない大型総合スーパーが日本中に広まったのも、1970年代。
それまではお肉はお肉屋さんで、魚は魚屋さんで買っていたそうです。

この時代まで「女性誌」という概念もなく、服は自前で定める事が当たり前でした。
ここからういういしい女性が髪を染め、メイクをし、お洒落な服装で外出するようになっていきます。
ファッションの特徴と言えば誰もが着用していた「ベルボトム」という裾の広がったパンツだ。
当時のシャツは先の尖った大きな襟のデザインが流行し、柄も大きめの花柄や幾何学模様など。
色もカラフルで断固したものが主流でした。
ボヘミアンスタイルやヒッピーファッション、ミニ丈のワンピースも大流行し、大きな花柄がプリントされたワンピースによって世間が華やかで明るい印象だったそうです。
2000年代に広まった大きなサングラスも、「とんぼメガネ」としてこの時代に流行したもの。

時代を超えた今また、当時のファッションが再流行していますよね。
ファッションは一定の周期で回ってくると言われています。
可愛い物はどういう時代にも盛込みられ、飽きが来ることもありません。
そんな時代のお母さんに、わざわざレトロな小物をプレゼントするのもいいかもしれません。
当時流行したモダン柄のスカーフやサングラス、バッグなど。
懐かしさに喜んでいただけるといいですね。https://www.imamhatipli.net/

ニキビに効果的な食事

ニキビが炎症を起こしてしまいますと、痛いですよね。
気になって、ついつい触ってしまい、再び悪化してしまうこともあるでしょう。
膿を持つようになりますと、きついばかりでなく、ニキビ痕が残るかもしれないと思いながらも、何となく潰して膿を出したくなるよね。
そのまま接することもなく、自然に癒えるまで黙って踏み止まるというのは、多くのかたにとって大して耐え難いことのようです。
あなただけではないので、何はなくとも安心してください。
ニキビに気持ちが行ってしまい、鏡を探る回数も多くなり、勉強や仕事に集中できなくなって仕舞うことすらあるニキビですから、なるたけなら、出来ないほうが良いですよね。
出来たとしても、数が少ないとか、悪化しないで一気に治ってしまうとかなら、たとえ良いでしょう。
たとえば、あなたは、ピーナッツなどのナッツ類や、チョコレートなどの甘いものを食べすぎるとニキビが上がるというお話をお聞きになったことはありませんか。
そのお話は、くれぐれも偽りではありませんし、ニキビが行なえ易いか叶いにくいかは、普段の食生活にも広く関わりがあるのです。
つまり、ニキビが出来辛いような栄養素を数多く摂取できるような食生活を続けていれば、必ずやニキビが出来難くなり、出来たニキビも、治りが早くなってくる。
無論、その逆もあり得ます。
ニキビが行え易い栄養素が多い食事を続けていれば、はたしてニキビが叶い易くなります。
どうでしょう。
ニキビに耐えるのでしたら、少し食生活を改善してみませんか。
お肌にいい栄養素と聞きますと、なにか思い浮かぶものはありますか。
多くのかたは、ビタミンを見せることと思います。
あなたもお聞きになったことがあるでしょう。
なかでも、ビタミンCを見せるかたが多いと思われますが、実のところビタミンAも、ビタミンBも、ビタミンCも、ビタミンEも各々がさまざまな作用によってニキビに効果的です。
別の機会にわかり易い説明をいたしますが、食品からこれらのビタミンを充分に摂れていないとおもうかたは、サプリメントからでも良いので、さっそく摂取するようにいたしましょう。
ある程度続けていますと、ご自身でも効果を実感できるはずです。DUOクレンジングバームは楽天・Amazonより最安値で買える?

乾燥肌から卒業!生コラーゲンでラメラを集める『ラメラエッセンスC』�@

生コラーゲンでラメラをケアして行くエッセンス

セルベストコスメティックスの『フェース 生コラーゲン ラメラエッセンスC』というコスメティックスをご存知ですか?
楽天のスキンケア部門や美容・コスメティック・香水部門、そして美容液部門と、コスメアワードも多くの部門で1位を獲得した事のある、人気のラメラ構造を整えてもらえるコスメティックスだ。
エステ専用のコスメティックスメーカーと、東京理科大学発ベンチャーが、共同で開発したという美容液となります。

こちらの特徴は、何といっても生のコラーゲンを配合やるに関して。
何が良いのかというと、その保水力だ。

肌に元々存在しているコラーゲンというのは、生コラーゲンだ。
これは、たんぱく質のロープが3本ねじり合って存在する成分なので、それほど『3重らせん構造』とも呼ばれてある。

3重にたんぱく質が重なっているは、解りやすくいえば、紐が3本ねじり合っているに関して。
これは、1本のみの紐と水分の浸透具合を比較した場合を考えて頂けると理解しやすいのですが、3本の方がより水分を吸収します。

1本の紐の状態というのが、一般的なコスメティックスに手広く採用されている『加水分解コラーゲン』。
生コラーゲンは、元々水分を手広く持ち込めるという利点があるのですが、分子量が幅広いという難点があり、このままでは肌の奥深くへと浸透して行く事が出来ません。
ですので、水に溶けやすいように、狭く分解した加水分解コラーゲンを取り入れていらっしゃるコスメティックスが多いのです。

ちなみに、コラーゲンは3つに分類する事ができます。

1.加水分解コラーゲン
ゼラチンコラーゲンを酵素等において別途少なく、細く分解したもの。水に溶け易いという特徴がある。
平均分子量は、3,000。

2.ゼラチンコラーゲン
加熱による処理を施しで、3重らせん構造をほどき、1本ずつになっている状態。生コラーゲンとは違い、温度管理をする無用という特徴がある。
平均分子量は、100,000。

3.生コラーゲン
肌に根っから存在しているコラーゲンと同じ、3重らせん構造をもつもの。保水力は一番あるが、分子量が激しく、熱に弱いという性質がある為、温度管理が必要という難点がある。
使用する場合には、冷蔵保存が不可欠なコスメティックスとなる。
平均分子量は、300,000。http://サイクルプラスエンリッチローション.xyz/