野球

「野球」は、小学生の別に男の子の習い事として人気のスポーツだ。
テレビなどで野球の試合を見てやりたいと思う子供も多いと思います。
元気いっぱい体を動かしたい小学生にとって、打って、走って、投げて、めいいっぱい体を移せる習い事としておすすめです。
野球は個人で行うのではなくチームで行なうものです。
一人では戦えません。
共著を学ばせることができて、マナー、目上の人への言葉使い、礼儀なども学ばせることができるので習い事として人気があります。
走ったり、トレーニングをしたり体力の向上を企てることもできます。
また頭を使ってプレーをするので思考力も飼うことができます。

野球の場合、習い事の月謝としては、2,000円〜3,000円とそれほど安価なことも人気の理由です。
しかしユニフォーム代、練習着代、スパイク代、バッド、グローブなどの道具代と初期費用が高くなって仕舞うという特徴があります。

習い事として野球をするメリットとデメリットを紹介したいと思います。
習い事選びに耐える人は参考にして下さい。

<メリット>
まずは体力が付くこと。
そして野球は守備の際にポジションが決まっているので役割分担が敢然としていて、良心が身に付くことが挙げられます。
また打順の際も打順によって役割が違ってきます。
前のランナーを立て直すためにわざわざ打ちにいかずに送りバンドをするなど、自己を犠牲もチームの勝利のためにみんなが協力しあうといったチームワーク、良心を身につけることができます。
また仮に自分が活躍できなかったとしても、チームとして勝利できたとき、その勝利をみんなで味わえるというメリットもあります。
地域におけるチームで野球をする子供が多いため、近所の友達とたくさん仲良く生まれ変われるというメリットもあります。

<デメリット>
入会金、月謝、遠征費など激しいチームに入るほど高くなります。
道具代など初期費用がかかります。
道具当番、配車など両親の負担が多いことなどが挙げられます。

チームによって違ってきますが、野球を習うには両親のフォローが必須となるところは多いです。
子供と共に踏ん張るという思いを持っていた方がいいと思います。参照サイト